本文へスキップ

社会福祉法人 あづみの森

社会福祉法人 あづみの森

第2あづみ園

特徴・大切にしていること

 

 第2あづみ園は、大きく分けて2つのクラス形態があります。
 1つは、保護者と園児が共に登園し、保護者が我が子を理解しながら、子育てに自信をもつことをねらう親子通園クラスです。毎回、午前中保護者は我が子への接し方や遊び方を体験を通して学んでもらい、午後の学習会につなげます。
 2つ目のクラスは、自立、自信がある程度できた子どもに、「同じ部屋、同じ先生、同じおもちゃ」で保護者だけいないという一人で通うハードルを低くした、単独通園クラスです。慣れた環境で、お友達にも目を向けて、社会性を伸ばすことをねらいます。
 2つの形態どちらも
● 実物やジェスチャー、絵や写真などを駆使して、言葉の意味を理解させ、発語につなげる。
● 良いこと悪いことをていねいに教え、やらせて、ほめて定着させる。
● 学習会、懇談会を頻繁に行い、個々の相談にのりながら、支援方法を保護者と一致させて育ててい  く。
などを大切にし、地域へも発信しています。

親子通園における学習会

 午後、子どもの午睡時に毎回行う学習会では、テーマを決めて文献学習をしたり、一人ひとりの子育ての悩みや質問にアドバイスするなど、我が子の発達や特徴をしっかり理解して子育てできるように応援しています。


参観学習会

 全クラス月1回の療育参観を兼ねた学習会を行っています。
 療育の参観後、スタッフが中心になって、発達障害の特徴や支援方法、子育てのやり方などをお話ししながら、母子クラス同様に悩みや質問に丁寧に答えています。保護者同士の意見交換など、交流の時間も設けているので、保護者同士のつながりも深まっています。


父親懇談会

 日々の子育てについて悩むお母さんが一番相談したいのは、お父さんではないでしょうか。発達障害児の子育ては、特に一貫した姿勢が求められてるので、ご両親の考え方の一致は大切です。
 第2あづみ園では、日頃子どもに接する機会が少ないお父さんを対象に、取り組みの様子などビデオを見ながら我が子の様子や課題を把握して話し合う、父親対象の懇談会を行っています。出席されたお父さんからは、わが子の接し方についての質問も活発に出されています。将来にわたっての、ご両親の子育ての基礎つくりを応援したいと思っています。

集中学習会

 年度の始めに、第2あづみ園の概論をわかってもらおうと、4回に分けてお話しています。
 子どもの特徴と支援の方法、工夫などを、ビデオを使ってお伝えし、将来への見通しなども、お話しします。

先輩お母さんから学ぼう会

 ユニークなお子さんを育ててこられたお母さん方の実践を聞く会です。
 「どんなことをしてでも育てようと思った」と言われた先輩の声に、勇気が出ると好評です。


地域支援(子育ていっしょにがんばろう会)

 「地域の中で温かい子育てをしたい」という第2あづみ園の願いのもと、地域の人をも巻き込んで子育てをいっしょに考え、支えようと「子育ていっしょにがんばろう会」を年2回開催しています。
 内容は、集団での療育保育と先輩お母さんによる子育ての悩み相談へのアドバイスなどです。先輩お母さんのお話を聞いて、ホッとしたり涙ぐんだりしつつ、子育てが前向きになれると好評です。



information

第2あづみ園

〒729-0141
広島県尾道市高須町4789-14
TEL.0848-29-5133
FAX.0848-29-5136