本文へスキップ

社会福祉法人 あづみの森

社会福祉法人 あづみの森

第3あづみ園

療育内容

保育

 就学に向け必要なスキルが身につけられるよう、遊びを通して取り組んでいます。集団の中で「じゅんばんこ」「勝ち負け」といったルールを身につけるとともに、見通しを持って行動ができるようにしています。そしてできるようになった事を保育者と一緒に喜び、共感しあうことで自信を持って成長できるようにしています。

<保育内容例>
○全身を使ってのサーキット
○指先・手を使っての制作
○ルールを取り入れた集団遊び(順番を守る・座って待つ・交代など)
○季節に応じた遊び(散歩・プール遊びなど)


専門職による個別指導

心理士による個別指導
 心理士が子ども一人ひとりの実態に合わせて個別指導を行っています。子どもの発達状態(認知・操作・コミュニケーションなど)のレベルに合わせた課題を設定しています。また、子どもに関する保護者の心配ごとに対しても相談に丁寧に応じ、共通認識に立って療育を進めています。
 就学前の子どもを多く受け入れ、就学準備として子どもと一緒に「今、家でできること」や「子どもの得意・不得意」を保護者と共有し、就学後についても共に考えていくことも大きな目的としています。

<個別指導内容例>
○知能・発達検査
○発達に関わる指導(認知面・微細運動・粗大運動など)
○ソーシャルスキルトレーニング
○保護者からの相談や支援

<頻度>
2か月に1回

作業療法士による指導・訓練
 作業療法士(非常勤講師)により、上肢操作面・視知覚・感覚入力−出力などに障害があり、日常生活動作、手指動作、遊びなどに問題のあるお子さんに対しては、家庭や園などの生活場面を想定して、個々のニーズや機能に応じた指導を行います。

<指導・訓練内容例>
○全身の使い方
○保護者からの相談や支援


専門職による集団指導

専門職による集団指導(年長児)
 就学に向けた社会的スキルの向上を目指して、通常暗黙のルールとなってしまうことも含め、「話を聞く」「相手の状況や気持ちを理解する」「協力する」など、具体的なテーマとして取り上げ、子ども自身に気づきと達成感を持たせながら取り組んでいます。

<指導内容例>
○ソーシャルスキルトレーニング
○保護者からの相談や支援
<頻度>
2か月に1回




information

第3あづみ園

〒722-0022
広島県尾道市栗原町1268-1
TEL.0848-38-7472
FAX.0848-38-7473