本文へスキップ

社会福祉法人 あづみの森

社会福祉法人 あづみの森

尾道発達相談・療育支援センターあづみ園 地域連携室

相談支援事業*相談をご希望の場合は、事前に電話でご予約ください。

ねらい 及び 内容

<ねらい>
子どもやその保護者、その家族の地域における生活を支援し、子どもの自立と社会集団への適応の促進を目的としています。また、子どもやその家族が困っている事や将来への希望などを一緒に考え、必要なサービスなどの紹介を行います。
<内容>
障害児相談支援には、障害児支援利用援助と継続障害児支援利用援助の2つのサービスがあります。

障害児支援利用援助
・障害時通所支援の利用申請手続きにおいて、障害児の心身の状況や環境、障害児または保護者の意向などを踏まえて「障害児支援利用計画案」の作成を行います。
 利用が決定した際は、サービス事業者等との連絡調整、決定内容に基づく「障害支援利用計画」の作成を行います。

継続障害児支援利用援助
・利用している障害時通所支援について、その内容が適切かどうか一定期間ごとにサービス等の利用状況の検証を行い、「障害児支援利用計画」の見直しを行います。(モニタリング)また、モニタリングの結果に基づき、計画の変更申請などを勧奨します。


対象 及び 実施区域

<対象>
障害時通所支援を利用するすべての障害児
<実施区域>
尾道市(御調・因島・瀬戸田を除く)


営業日 及び 時間 実施に関わる負担額

<営業日>
原則 月曜日 〜 金曜日
<時間>
8:30 〜 17:00
<実施に関わる負担額>
事業実施区域を超える地点から目的地までの距離の交通費(橋代及び1Kmにつき10円)


職員配置

<常勤職員>
管理者 : 1名
相談支援専門員 : 3名(専従1名、兼務2名)
事務員 : 1名(兼務)

相談支援の流れ

@ 相談支援事業所との契約・相談 → 関係機関の紹介 → 施設見学 → 施設を決める
A サービス等利用計画案の作成 → 相談支援専門員が利用者の承認を得て、市へ提出
B 市が支給決定後、受給者証を交付
C 利用施設との契約 → 利用開始
D サービス等利用計画の作成
E モニタリング → 必要に応じて計画の修正
  *保護者は市へ受給者証の申請が必要です。


information

あづみ園 地域連携室

〒722-0042
広島県尾道市久保町1811番地
TEL.0848-20-7556
FAX.0848-20-7886