本文へスキップ

社会福祉法人 あづみの森

社会福祉法人 あづみの森

向島あづみ園

療育内容

療育

 集団の中で必要なスキルを身に付ける事が出来るよう、遊びやおあつまりの中で取り組んでいます。遊びの中では、”順番””勝ち負け”などのルールを身につけると共に、”相手にゆずる”事も出来る様に取り組んでいます。困った時には、子ども達でいろいろ考え、その声を引き出せるようにしています。また、おあつまりでは、”聞く・見る・発表する”などの約束を入れています。どの場面でも出来る様になった事を共に喜び、子ども達の自信につなげることができるように取り組んでいます。

<療育内容例>
○全身を使ってのサーキット
○指先・手を使っての制作
○ルールを取り入れた集団遊び(日常的な場面に応じたルールなど)
○季節に応じた遊び(散歩・プール遊びなど)
○聞く力・見る力・模倣する力を養う音楽遊び(年齢別)


専門職による個別指導

心理士による個別指導
 個別場面・集団場面において、子どもと関わり観察する中で、子どもの課題がどこにあるのかをしっかり分析し個別指導を行っています。
 個別場面では、保護者に園での様子を伝える中で、今子どもがどんな事が出来るのか、困っているのか、また家庭での子どもの様子に対して、保護者が取り組める支援を話し合い提案しています。子どもの困り感によっては、保護者と一緒に支援グッツなどの制作も行っています。また、必要に応じて検査も実施しています。

<個別指導内容例>
○知能・発達検査
○発達に関わる指導(認知面・微細運動・粗大運動など)
○ソーシャルスキルトレーニング
○保護者からの相談や支援

<頻度>
 毎日通園児:月1回
 併行通園児:2か月に1回
 (言語聴覚士による個別指導と交互に実施)

言語聴覚士による個別指導 及び 集団指導
 人と関わり生きていく中で、適切な言葉のやり取りが必要となってきます。
 適切なやりとりができるように、”自分の思いを知ること””自分の思いを伝える手段を知ること””他者の思いに気づく力””他者の思いを聞く力”をのばしていきます。また、必要に応じて検査も実施しています。

<個別指導内容例>
○言語学習能力検査
○咀嚼・嚥下・構音訓練
○ソーシャルスキルトレーニング
○保護者からの相談や支援

<集団指導内容例>
○ソーシャルスキルトレーニング

<頻度>
 毎日通園児:月1回
 併行通園児:2か月に1回
(心理士による個別指導と交互に実施)






information

向島あづみ園

〒722-0073
広島県尾道市向島町7948番地
TEL.0848-38-1815
FAX.0848-38-1816