本文へスキップ

社会福祉法人 あづみの森

社会福祉法人 あづみの森

向島あづみ園

特徴・大切にしていること

併行先との連携

 併行先の地域の保育所(園)・幼稚園に出向き、子どもが活動している様子を見学すると共に、担任の先生と連携を大切にしています。また、併行先の先生が向島あづみ園に子どもの様子を見に来られる場合もあります。お互いが共通認識の基で支援が出来るようにしています。 


交流

 向島あづみ園では、地域の環境・人・施設とのつながりを生かし、“交流”を大切にしています。

『就労支援センターあおぎりとの交流』
 普段のコミュニケーションも大切にしています。朝のあいさつをかわす中でお互いに交流が広がり、子ども達が遊ぶおもちゃを作ってもらったり、一緒に畑の野菜を育てたりしています。
 また季節の行事(七夕まつり・クリスマス会・節分など)を利用者さんや職員と一緒に楽しんでいます。

『地域の人との交流』
 天気のいい日には地域へ散歩に出かけています。知らない野菜や果実を見つけては「これなんですか?」と畑にいる人に尋ねたり、道で声をかけてもらったりして、地域の人との交流も大切にしています。

『施設の交流』
 地域の施設を活動に利用させてもらっています。大きなプールや公園や体育館を利用し、向島あづみ園では体験できないダイナミックな活動を行っています。また施設の行事に参加もし、公共の場でのマナーなど、実際に体験を通じて学ぶことを大切にしています。

学習茶話会

 園長、保育士、専門職員(心理担当・言語担当)が中心となって、障害や支援方法などについて学習会をしています。また、お茶を飲みながら、保護者同士の意見交換などの交流の時間を設けているので、保護者間の横のつながりも深まっています。。



information

向島あづみ園

〒722-0073
広島県尾道市向島町7948番地
TEL.0848-38-1815
FAX.0848-38-1816