本文へスキップ

社会福祉法人 あづみの森

社会福祉法人 あづみの森

尾道発達相談・療育支援センター あづみ園

療育内容

療育

 日々の中での積み重ねによって満足感や達成感を味わえるような療育を大切にしています。要求を引き出したり、お友達との関わり方を練習するなど、子どもの年齢や発達に応じた支援やほめることを大切にした支援を行っています。また、食事や着脱、排せつといった生活習慣の獲得も大切にしています。

<療育内容例>
○全身を使ってのサーキット
○指先・手を使っての制作
○ルールを取り入れた集団遊び(順番を守る・座って待つ・かわりばんこ・我慢することなど)
○季節に応じた遊び(散歩・プール遊びなど)


専門職による個別指導

心理士による個別指導
 子どもと心理担当の1対1、または保護者と3人での個別指導や心理検査を行う中で、その子の持つ強みや苦手さ、発達バランスの課題などを明らかにしていきます。その上で発達全般に対して一人一人に合った支援を行っています。また、保護者からの相談にも応じます。

<個別指導内容例>
○知能・発達検査
○発達に関わる指導(認知面・微細運動・粗大運動など)
○ソーシャルスキルトレーニング
○保護者からの相談や支援

<頻度>
月に1回

言語聴覚士による個別指導
 子どもと言語聴覚士の1対1、または保護者と3人での個別指導や言語検査を行う中で、その子の持つ強みや苦手さを明らかにしていきます。その上で一人一人に合った構音訓練やコミュニケーションスキルなどの支援を行っています。また、口腔機能や咀嚼の相談にも応じています。

<個別指導内容例>
○言語学習能力検査
○咀嚼・嚥下・構音訓練
○ソーシャルスキルトレーニング
○保護者からの相談や支援

<頻度>
2か月に1回

理学療法士による指導・訓練
 理学療法士(非常勤講師)が基本動作の発達に障害のあるお子さんの、動作能力を伸ばすための指導や援助を行います。また、生命維持に必要な呼吸・自律機能を改善する治療や指導を行います。

<指導・訓練内容例>
○歩行訓練
○保護者からの相談や支援

<頻度・対象>
平均半年に1回、必要な子

作業療法士による指導・訓練
 作業療法士(非常勤講師))により、上肢操作面・視知覚・感覚入力−出力などに障害があり、日常生活動作、手指動作、遊びなどに問題のあるお子さんに対しては、家庭や園などの生活場面を想定して、個々のニーズや機能に応じた指導を行います。

<指導・訓練内容例>
○全身の使い方
○保護者からの相談や支援

<頻度・対象>
平均、1年に1回、希望児に訓練


専門職による集団指導

心理士による集団指導
 個別指導で練習することが難しい集団でのルールについて、小集団での指導を行っています。座ることや待つこと、要求を伝えることなどのソーシャルスキルを設定した場面の中で実際に行い、ほめられることで定着させていくことを目指します。
<指導内容例>
○ソーシャルスキルトレーニング
<頻度>
1年に1回

音楽療法
 音楽を聞く、歌う、楽器を演奏する、体を動かすなどの音楽的活動は心地良く、だれもがリラックスできます。本園では音楽療法を大切にし、音楽の力を借りて、子ども達の秘めている力を引き出し、五感を刺激することで運動能力・言語力・社会性を高めています。
<頻度>
平均、月に1〜2回




information

尾道発達相談・療育支援センター
あづみ園

〒722-0042
広島県尾道市久保町1811番地
TEL.0848-20-7887
FAX.0848-20-7886