組織概要/沿革

組織概要/沿革

法人概要

法人概要 社会福祉法人あづみの森
所在地 広島県尾道市久保町1811番地 [地図]
TEL 0848-29-9887
FAX 0848-29-9889
認可 平成12年3月
従業員数 130名
運営施設 尾道発達相談・療育支援センター あづみ園
第2あづみ園
第3あづみ園
児童発達支援センター向島あづみ
障がい者生活支援センターあおぎり
障がい者サポートセンターあおぎり
あづみの森 地域連携室
放課後等デイサービス高須あづみ

沿 革

―法人設立前―(設立に至る経緯)

1983年、尾道市民病院新設・移転と同時に、小児科部長に現あづみの森 宇根幸治理事長が着任。尾道市社会福祉協議会と力を合わせ、月1回、北九州市立総合療育センターより、言語聴覚士・理学療法士・作業療法士を招き、障害児の療育相談を始める。その後、この事業は尾道市の健康推進課を中心とした部署に担当が変わり、引き続き実施された。
1998年、健康推進課が中心となり、障害児通園事業が開始されるそれと同時に、障害をもった子の親達から、専門的な、さらに充実した施設を作りたいと要望があり、それにこたえる形で法人設立に向けての動きが活発化した。

―法人設立後―

2000年
4月
要望のもと、『社会福祉法人あづみの森』を設立する。
10月
知的障害児通園施設『あづみ園』を開園する
2002年 小学生を対象にした『土曜教室』を開始する
2004年 「児童デイサービス」を開設する
2005年
4月
広島県より「児童デイサービス事業」の指定を受ける
6月
広島県より「短期入所事業」の指定を受ける
2006年
4月
「児童デイサービス事業」を拡充をする
6月
『障害者生活支援センターあおぎり』を開所する
7月
『あづみ園』が尾道市より「タイムケア事業」の委託を受ける
10月
『障害者生活支援センターあおぎり』が「指定相談支援事業」「日中一時支援事業」を開始する
2007年
4月
『障害者生活支援センターあおぎり』が「生活介護事業」と「自立訓練(生活訓練)事業」 の多機能型事業所へ移行する
2008年
5月
『障害者生活支援センターあおぎり』が「自立訓練(生活訓練)事業」を廃止し、「児童デイサービス事業」を開始する
11月
『児童デイサービス第2あづみ園』を開園する
2009年 『あづみ園』を『尾道発達障害児療育通園・相談センターあづみ園』に改名する
『尾道発達障害児療育通園・相談センターあづみ園』が広島県より「療育等支援事業」の委託を受ける
2010年 『尾道発達障害児療育通園・相談センターあづみ園』が尾道市より「療育等支援事業」の委託を受ける
2011年
4月
『児童デイサービス第3あづみ園』を開園する
5月
『障害者生活支援センターあおぎり』が「居宅介護事業」「重度訪問介護事業」「移動支援事業」「行動援護事業」を開始する
2012年
4月
『尾道発達障害児療育通園・相談センターあづみ園』を『尾道発達相談・療育支援センターあづみ園』と改名し、「児童発達支援センター」の指定を受ける児童デイサービス第2あづみ園』が『第2あづみ園』、『児童デイサービス第3あづみ園』が『第3あづみ園』とそれぞれ改名する
2013年
10月
『向島あづみ園』を開園する
『就労支援センターあおぎり』を開所する
『社会福祉法人あづみの森』『あづみ園』『あおぎり』のロゴを作成する
2014年
6月
『社会福祉法人あづみの森』設立15周年記念コンサートを開催する
7月
『就労支援センターあおぎり』が「放課後デイサービス」を開始する
2015年
10月
『社会福祉法人あづみの森』設立15周年記念講演会を開催する
2016年
3月
『チョコレートショップCoco』をオープンする
7月
『あおぎり』開設10周年記念コンサートを開催する
2017年
4月
放課後等デイサービス「高須あづみ」事業開始
2018年
4月
放課後等デイサービス「第3あづみ園」事業開始
4月
生活支援センターあおぎり、放課後等デイサービス事業を重症心身障害児対に変更
2019年
10月
尾道発達相談・療育支援センターあづみ園にて放課後等デイサービス事業開始
2020年
4月
向島あづみ園、児童発達支援センターへの指定変更認可。保育所等訪問支援・相談支援事業開始。あわせて施設名称を『向島あづみ』に変更する
6月
向島あづみ、「放課後等デイサービス」事業開始
就労支援センターあおぎり、尾道市高須町へ新築移転する。名称を『障がい者サポートセンターあおぎり』に変更する
障がい者サポートセンターあおぎりにて、「共同生活援助」事業開始
10月
障がい者サポートセンターにて「尾道あづみ麦酒醸造所」事業開始。(地ビール製造)

組織図

組織図