障がい者生活支援センターあおぎり

障がい者生活支援センターあおぎり

障害者生活支援センターあおぎりは「どのような障害があっても、
普通に暮らせる社会の実現」を目標に活動を行っています。
私たちは普通に暮らせる社会を、障害のある人が社会参加できる社会と考え、
その実現のために必要な福祉サービスの運営及び福祉活動を実践しています。

施設概要

定員 20名(生活介護)・5名(放課後等デイサービス:重症心身障害児を対象)
5名(日中一時支援)
実施地域 主として尾道市
所在地 〒722-0042 広島県尾道市久保町1811
TEL 0848-20-7551
FAX 0848-20-7552
MAIL welcome-to-aogiri@lime.plala.or.jp
WEB 障害者生活支援センターあおぎり特設サイト
アクセス

サービス内容

生活介護事業

対象者:障害支援区分3以上の人。50歳以上は2以上の人。

〇大切にしていること

  • どのような障害のある人に対しても、オーダーメイドの支援を行い、居場所づくりや社会参加を支援します。

〇プログラム

  • 陶芸教室、絵画教室、パソコン教室、アロマリラクゼーション、マッサージ、リハビリ相談、ナチュラルサロン、カープ応援部、政治経済、音楽、クッキング、お茶会など

〇サービス

  • とにかくアットホーム
  • 手厚い職員体制によるオーダーメイドの個別支援
  • 健康管理、医療的ケア(元気な看護師さんがいます)
  • 大好評の入浴サービス(個別対応、同性介助、特殊浴槽あります)
  • あったか美味しい給食サービス(普通食からペースト食まで対応します)
  • ご自宅までの送迎サービス(ご希望に応じベッドまで送迎します)

〇地域交流

  • 外出活動(新しい発見のお手伝い)
  • アート展、フリーマーケット、24時間テレビチャリティー募金(色々なイベントを開催)

日中一時支援

対象者:障害のある人、障害のある子ども

  • ご家族の一時的な休息、働かれている間の支援、緊急時に安心して過ごせる場を提供します。
  • 生活介護、放課後等デイサービス利用終了後の延長利用に対応します。

居宅介護、重度訪問介護、行動援護、同行援護、移動支援、福祉有償運送

〇大切にしていること

  • 暮らしの土台を支え、あらゆる障害児者の社会活動を支援します。

〇居宅介護

  • ご自宅で食事や入浴などの支援をします。
  • ご自宅で調理や洗濯などの家事を支援します。
  • 病院への通院を支援します。

〇重度訪問介護

  • 入浴、排泄、食事などの支援や外出時の移動支援などを総合的に行います。

〇行動援護

  • 自閉症など見通しを持ちにくい人が、外出する際に必要な行動援護(言葉かけ、誘導、視覚支援等)をします。

〇同行援護

  • 視覚障害のある人が、外出する際に必要な支援(声かけ、誘導、代筆、代読等)をします。

〇移動支援

  • 外出時に必要な支援をします。

〇福祉有償運送

  • バスやタクシー等の公共交通機関を利用することが難しい人が、外出する際に必要な福祉車両の派遣をします。
    10分70円(障害者手帳をお持ちの方は10分63円)

人材育成研修

  • 居宅介護職員初任者研修
  • 行動援護従業者養成研修
  • 福祉有償運送運転者講習
    ※尾道や周辺市町の支援者を育成します。年度ごとに開講を検討します。

施設の様子